ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

書きまし太郎(三浦大知)、三森すずこ、久保ユリカ、食品まつり aka foodman、tricot

realsound.jp

 書きまし太郎。三浦大知武道館公演のレポートです。生で見る三浦大知の凄さはがんばって記事のなかにも書きましたが、「ポゥ!」とかハイキックとかああいう一挙一動がほんとに「脱力した自然なノリ」から瞬間的にスパッと決まるんすよね。あれはマジでビビる。書き漏らしたというか諸事情で割愛した点としてはカヴァー曲のくだりがありますね。星█源の「ア█デア」を、三浦大知自らAbleton Push(多分)を叩きながら披露。█野源の朴訥とした味わいの歌声とは異なる、本気でうめぇ奴が歌う「アイ█ア」は、ここでしか見れない・聴けない貴重なパフォーマンスでした。その前にギター弾き語りもやってましたが、決して巧みというわけではないギターの腕に比して、その演奏と歌唱が醸し出すグルーヴは「根本的に身体ができてる奴はなにをやっても一味違う」という感じでしたね……。

 さて、三森すずこさんの新しいEP。みもりんらしい爽やかなガールポップが並ぶなか、往年のKポっぽいM3「チュッタシュガリン」やドリーム・ポップに片足突っ込んだ繊細さとともに疾走感溢れるM5「星屑のカーテン」などちょっと唸るナイスアレンジも連発。バキバキにキメているわけでもなく、王道だけで走り切るわけでもなく、好奇心と安心感が同居するコンパクトな良盤です。

 続いて久保ユリカさんの新しいEP。表題曲のM1「VIVID VIVID」やM2「Instant@Heart」など、これらもまたKポ調。すげぇいい。あとMVもいいんだ「VIVID VIVID」は。めっちゃスタイルがいいシカコがKポのガールズグループばりのダンスをキメる。先日紹介した山村響さんの『Take Over You』と並んで、これは声優アーティストの作品にふだん触れてない人にも聴いてほしい一枚。

Take Over You

Take Over You

 食品まつり aka foodmanがMad Decentから。食品さんの曲って自分が考えているダンスミュージック像を毎度見事に裏切られていく快感があり、この低域の不在と、にもかかわらず醸し出されるグルーヴにはふだん当たり前のように捉えている「ビート」とか「ダンス」ってなんなんだ、と自問せざるをえない。

 tricot、いまこういうエモ~マスロック的なアプローチでは随一のポップさと洗練を見せているのでは。。。かつ、「これは売れるだろうよ」と思わせるオーラあるもんね、楽曲に。というのはオーヴァープロダクションを感じさせずにバンドとしてのキャラクターがはっきりわかるこの感じね。好きです。