ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

日記 2019年1月9日(がんばれ自分~!)

 E-girlsなどLDH勢のスピンオフ的なヒップホップユニット、スダンナユズユリーの新曲。バキバキのトラップとLDHらしいJみのあるフックの組み合わせは「なんかちょっと…」と敬遠する人も多いかもしれないが(SALULDH入り後のシングルとか)、たとえばBLACKPINKのハードなパフォーマンス+ちょっとハズしたダサめのサビ+ガールクラッシュ的なたたずまいなんかと並べると、LDHで一番イケてんじゃないかという気がする。

 岡崎体育はあんまちゃんと聴いたことがない(音楽番組でパフォーマンスしてるのは見てたけど)。今作はシリアス寄り、みたいなことをどっかのメディアで見たし、SSAでの単独に向けての奮闘は率直に凄いと思って、どんなもんやろと聴いてみた。サウンドはさすがに器用でこなれている一方、ユーモアをはぎとった言葉の並びはどこか不器用でぎくしゃくしている。でもDAWに向かってひとりでポップスをやろうとしてこういうぎこちなさにぶち当たるのもなんかわかるんだよな。思春期後、モラトリアムの鬱屈や破壊衝動を示唆するリリックにベタに共感する若い人もいれば、独特のぎこちなさにひりひりとしたリアリティを覚えるおれのような人もいるだろう……。「あるあるネタっぽいコミックソングの人」とか「実はシリアスな曲も書ける」とか以前の、不器用さをこんな丸出しにしちゃうんかキャリアのこのタイミングで、みたいな、奇妙な存在感。

 音源も数少なければSNSなどの露出もめっちゃ少ない謎のバンド、木(KI)の待望のEPがリリース。AOR的なかなりソフィスティケイトされたポップスが異様にミニマルで研ぎ澄まされたアレンジで演奏される異物感と快感! たとえば去年鮮烈なインパクトを残したaltopaloにも通じる大胆な省略をここまで巧みに聴かせるのは凄いと思う。長谷川白紙のハイパーアクティヴさの対極にあるようで、ラディカルさでは通じているような…… 雑な印象論ですが……。ライヴを見たいですね。

 えー、きょうは明日の上京に向けていろいろありこんなところです。日帰りで東京、久しぶりだけど大丈夫かな。がんばれ自分~!