ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

日記 2018年12月14日(2019年は語学をがんばって、英語ブログでも始めてみようか、みたいな気分)

 The Chainsmokersのシングルを集めたコンピ。昨今のEDMの流れを汲むポップスはほぼ彼らの「Closer」のヒットに影響されていると言っていいと思う。ハードさやEDM的ケレン味を若干そぎおとしつつ、ビルドアップ‐ドロップ構造をポップスに定着させ、なにより「歌わないサビ」をトレンドに押し上げた功績は大きい。今回のアルバムも、まあ言っちゃあ最近よくあるちょっとレイドバックしたEDMポップスなんだけど、ダブステップやトラップ的な低音でアグレッシヴに攻める曲もあって、さすがの風格という感じがある。音色選びも少しひねってあるし。

 HOPIの新曲、ヴォーカルとビートで4と3のクロスになっている、というのはまあささいなこと。かっこいいバンドや。ビートミュージックっぽいことを、気負いなくさらっとやっている感じがむちゃいい。最近でたEPも今年結構聴いたし、食品まつりさんがリミックスで参加している一つ前のシングルも好きだ。Miiiさんがマルチネ放送部で紹介してたので知った。

 こぶしファクトリーのポテンシャル高すぎだろ……。ボイパが達者すぎる、全員歌上手すぎる! 声ギターもすげぇ! なんだこれは。

 これをライヴでこの完成度でパフォーマンスするのはヤバい。「あたしのなかのものがたり」は三浦康嗣さんの仕事のなかでもポップさと表現のエッジーさが極限に達していて、かつイヤホンズという声優3人のユニットでないとできない、奇跡的な作品だと思う。

www.cinra.net

 KANA-BOON自体はそこまで聴いていたわけじゃないんだけど、日本のロックシーンにおける「四つ打ち」という謎のジャンルは気になっている。あれはいったいなんだったのか(終わったということにしているけど、まあリズム・パターンにすぎないのでまだたくさんある)。英米ゼロ年代に起こったポスト・パンクリバイバルやディスコ・パンク、ニューレイヴといった流れから何故か「ズッチーズッチー」というビートだけ取り出されてめっちゃ普及、なんてイメージなんだけどどうだろう。ちなみに一番日本の「四つ打ち」ロックとイメージが近い英米の作品はTwo Door Cinema Clubの1st。とか書いてたらjunkMAさんからゼロ年代初頭のくるりアジカンDOPING PANDAの例を教えてもらう。フェスっぽい4つ打ちロックというとDOPING PANDAたしかにでかそう。というかjunkMAさんの造詣の深さ何。

 2018年はめっちゃ国内のリリースが豊作で、海外メディアのベストを見ても「中村佳穂も折坂悠太もcero もいねえじゃねえか!」という気持ちになっちゃうんだけど、ここまでリリースが充実してるのに届いてないってなると、やっぱり本腰入れて情報発信しないといけないのでは? と思う。月イチでもいいから英語で日本の音楽について書くブログでもやろうかなあ。どこのサービスがいいんだろう。Tumblr? Blogger? WordPress? Medium?

 うーんやはり、最低でも英語だよなあ。機械翻訳の精度を見る限り、それなりに読む意志と能力がある人じゃないと日英も結構厳しい。その点、出発点がそこそこのクオリティの英語であれば、英語からヨーロッパの他の言語にはまあまあの精度で翻訳できるだろうから有利だと思う。あるいは中国も今後機械翻訳の技術をのばしてくるだろうから、中国語でもいいのかも。機械翻訳業界で日本語のプライオリティて下がっていく一方だろうから、日本人が外国語を学ばなくていい、なんてことは絶対ない。むしろ低品質な機械翻訳をいつまでも読まされる、みたいなことになりかねない。

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawapetitions.whitehouse.gov

 最後に、今日から強行されている辺野古の埋め立てに抗議する、ホワイトハウスへの嘆願。まだ間に合う、っつーか、工事を開始したって既成事実が欲しいだけでまだ本格的に始まったわけじゃないし、工事は十年以上かかる。さすがにここまできたらこの国はふざけているとしか言いようがないので、ぜひ一筆。メアドと名前だけでいいです、入力した後届いたメアドのなかのリンク踏まないとだめ。