ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

日記 2018年11月22日(えっ 23日って祝日なんでしたっけ 予定がまっさらになってしまった)

 早朝にいっぺん起床。身体はけっこう元気なんだがふくらはぎ、スネが筋肉痛。よほど変な歩き方をしているのか? あるいはスニーカーがちょいと履きなれないやつだからか……。履き心地はめちゃいいんだけど。ASICSのスニーカー。そこまで年取ったわけじゃないにせよもういい加減若くもないということを、こういう地味な不調などで感じる。きのうパープルームのツアーで一緒だった人は愛知から来た院生さん(油画をやっているらしい)で、あふれでるアート好きな若者オーラにまた無用に自分の衰えを感じた。いやこれは体力づくりが急務だ。家帰ったら対策を考えたい。風呂入ってちょっと身体をやらかくして再び寝る。

 Facebook見てたらNewsPicksが「プレミアム会員になれば、落合陽一氏、堀江貴文氏、前田裕二氏などの各業界のトップランナーたちの記事が読み放題」っつってんだけど、落合陽一とかがトップランナーなのはわかるけどホリエモンっていまなにのトップランナーなんだ? というかあの人って結局なにしてる人なんだ……? 起業家? 投資家?

twitter.com

 まめぐ氏意外と小さい(tofubeatsが馬鹿でかいという説もある)。tofubeatsとおれは身長がだいたい同じなので、まめぐ氏とおれのスケール感も漠然と想像できますね。想像してどうするんかという気もしますが。いやまだまめぐ氏だからいいけどもしおれのガチ推しの声優さんとtofubeatsが仕事したらまさに「ちょっと横になる」(声オタガチ恋スラング)かもしれない。というかするだろう。

face.hateblo.jp

 こういう記事、チャートをきちんとチェックして身につけている人だからこそ気づけるものだし、実際に得た情報をこうして共有してもらえるというのはありがたい。近年「リミックス」という呼び方で「同じトラックに違う客演」みたいな曲がめっちゃ増えているけれど、こうした同名異曲みたいなものの扱い方の統一したマナーを考える。それでなくてもいわゆるプロデューサーやビートメーカーによる「リミックス」はいまやポップシーンでもありふれたものになっているし。

nme-jp.com

 BTSの成功はこうしたK-POPとグローバルなポップスの人脈形成という意味でなかなかでかいなあ。こうして撒いた種が持続していくことを期待したい(それこそ88risingがUSのラッパーをフィーチャーしまくったみたいなのも同じように未来につながるといい)。

www4.nhk.or.jp

 NHKがなにやら意欲的な番組をやるらしいけれど、専門家ゲストの顔ぶれがなんか謎。宇野常寛さんとかホリエモンはまあわからんでもないが落合陽一さんって、世代はネット直撃かもしれんけどあんまイメージないな。語れるのは語れるんだろうけど。落合さんのいちネットユーザーとしての側面が見れるならちょっとおもしろそう。でも恵俊彰が司会という時点で見る気がゼロになったわ……。

 きょうは森美術館で「カタストロフと美術の力」と「クロニクル1990s」を見てきましたが日付が変わりそうなので感想はあとでまとめて。トーフのリリパにも行きました。素晴らしいステージだった。こちらも記事を改めて。

 あしたが祝日なのを完全に失念していて予定がまっさらになってしまった。どっかのカフェに長居して仕事しようかな……。