ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

「MVのショートver.」という奇習を現代まで伝える極東の島国にYouTube Musicという黒船が

av.watch.impress.co.jp

 今朝はYouTubeがいよいよ日本でも開始した有料プログラム、YouTube PremiumおよびYouTube Musicの話題でもちきり。個人的にはまだ導入は未定だけれども、このサービスが本格化することでAdblock系のアドオンが使えなくなることが予想されるので、いつか必然的に導入せざるをえなくなるかなぁ。

 それよりも気になるのが、YouTubeの有料プログラム開始に伴い、日本国内のリリースによくある「ミュージックビデオのショートバージョン」がどのように扱われるかだ。実際Twitterを見てみるとミュージシャンによってはMVの公開を停止している場合もあるようだ。

 サブスクNGだけどYouTubeはあり、という基準で運用していた場合にはこうした対応をとらざるを得ないということだろうか。YouTube Musicの開始にあたってYouTubeがレコード会社とどのような契約を結んでいるのか、あるいは特にディールしないでサービスだけいきなり変えましたってな話なのか、いろいろと疑問は残るんだけど(たぶん後者だろう)、いずれにせよYouTubeを通じたマーケティングのあり方を再考せざるをえないだろう。これまでMV見れたのに、せっかく金払って広告なしで見れるサービスが始まったのに存在するコンテンツが「ショートバージョン」とかなのはユーザー側からするといろいろと複雑な気持ちになる。YouTube向けにプレミアムなコンテンツをおろす(スタジオライブとか蔵出し音源とか)みたいなことも始まるかしら。KEXPとかAudiotreeみたいなプロジェクトが日本でも増えるといいなあ。メディアではSpincoasterなんかがやってますが。

spincoaster.com

 あとは有志によるプロジェクトとしてMUSIC SHAREなんかもあり、ここがドロップしたMoment Joonのライヴ動画はマジどうかしてるくらい良いですなあ。

www.musicshare.jp

 一方で、コンテンツありきでプラットフォームの運用をかんがえるのではなく、プラットフォームを前提としてコンテンツの作り方も考え直す、というアプローチもありうるのか、とヤマモトショウさん(作詞家・プロデューサー、ex.ふぇのたす)のツイートを見て思う。

 たしかに、そもそも2分そこらのポップソングもだんだんと当たり前になってきている(まだJ-POPはそこまではさすがにいかないかな)なかで「ショートバージョン」と「フルバージョン」を変えることの意義は問われるだろうし、あるいはTikTokみたいに15秒くらいのフックがあればヒットにつながる感覚がもっと当たり前になると、なおのこと「原曲」とか「ショートバージョン」とか「リミックス」の意味がゆらいでいく。最近はドラマやアニメのようにテレビ番組とタイアップした楽曲の「TVサイズ」がストリーミングで先行配信される場合なんかもあり、とりわけアニソンみたいに90秒弱というフォーマットが決まったなかで技巧をこらすタイプの音楽ではこうした問いがリアルになってくるのかもしれない。