ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

最近のお仕事まとめ:Say Sue Me 2ndライナー、RealSound寄稿、HARD-OFF BEATS 2017 大阪編 字幕

Say Sue Me, Where We Were Together 日本盤ライナー

ホウェア・ウィー・ワー・トゥゲザー

ホウェア・ウィー・ワー・トゥゲザー

韓国は釜山のインディ・ロック・バンド、Say Sue Meの2ndアルバムにして初の日本盤、Where We Were Togetherのライナーノーツを担当しました。はじめてのライナーノーツ仕事だったのでいたらぬところもあるかもしれませんが、非常によいアルバムですのでぜひ。90'sのUSインディに影響を受けたバンドが最近多いと思うんですが、DIYなアティチュードと個性的なサーフ・ロック調の音作りでUSインディを再解釈した楽曲は、盤石のクオリティです。

RealSound寄稿、アジア系女性プロデューサー5名をピックアップ

realsound.jp

YaejiやPeggy Gouをはじめとして、アジア系の女性プロデューサーが欧米をはじめグローバルに評価を高めている状況に着目し、前述の2名に加えてCIFIKA、Qrion、Sapphire Slowsの活動をピックアップし、紹介。RealSoundには3本目の寄稿になりますが、「世界的なアジア文化のプレゼンス向上」を背景に、ヒップホップやインディ・ロック、エレクトロニック・ミュージックなど、オルタナティヴな分野に着目する、という筋でひととおり書けたかも、と思います。

HARD-OFF BEATS 2017 大阪編 字幕

もうこれを見ていない日本人プロデューサーはいないのでは、というレベルで業界内外から評価の高いHARD-OFF BEATSですが、昨年公開された大阪編の英語字幕をまた担当してます。いまのところ第一話だけですが。

以上、ここ最近のお仕事まとめでした。