ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

未だに「韓流」を腐す昔のねらーみたいなうさんくせー音楽好きの話

basement-times.com

 地下室TIMESという音楽ブログがあり、ふだんは別に読んでいないのだが、ひどい記事が投稿されていたと聞いて読んでみた。ほんとうにひどい内容で、頭がフットーしてしまった。

 この記事を書いた石左氏によれば、現在の「K-POPを取り巻く日本の音楽シーン」はいびつなのだという。なぜなら、K-POPは外貨獲得のために日本にやってきてるだけで、日本が好きなわけでもなんでもないから、と。カネ目当てで音楽を日本に売りつけに来るK-POPなんかを聴くんじゃなく、「透明雑誌みたく日本の音楽が好きで、似た系統の音楽をやっている海外のバンドを応援したい」というのが彼の思いらしい。

 驚くべき見識の狭さだと思う。そもそもK-POPのアーティストたちや事務所に日本への愛着や敬意が欠けているという根拠はどこにあるのだろうか。

 K-POPの大々的な海外戦略には、韓国のシュリンクする国内市場に対して外貨獲得せざるを得ないという背景があるというのは確かだが、それをもって「K-POPには日本への愛がない」などと言うのはミクロ(各々のアーティストの日本に対する姿勢)とマクロ(市場規模ゆえにレコード会社が取らざるをえない経営戦略)を混同している。むしろ、個々のアーティストについて言えば、わざわざ日本語を習得してファンサービスに励む姿に感心するときのほうが多いよ。

 まあそれ以外にも言いたいことはいくらでも出てくる。K-POPを持ち上げるメディアをアヘンの商人に例えるあたりは、2chでよく見る「韓流はメディアによる捏造」という陰謀論を彷彿とさせて、失笑してしまう。ここは悪意丸出しで書くが、さしずめ、TWICEを聴いてTTポーズでセルフィを撮る女子中高生は(いや、そんな人がほんとにいるならだけど)、メディアに踊らされる愚か者くらいに思っているのだろう。「自分がきちんと啓蒙してやらねば!」とかね。

 また、石左氏は韓国のインディーシーンにはなぜか目を向けることはしない。たとえば先ごろ来日もしたイ・ランであるとかHyukohであるとかNeon Bunnyとかいろいろ、日本のアーティストと交流のある韓国のアーティストやバンドだって少なからずいる。しかし、彼の語りは「透明雑誌みたいな親日の台湾人バンド」か「日本に商売をしにきたK-POPアーティスト」という謎の二元論で構築されている。これもまた、昔っから2chなんかでよく見る紋切り型の語り――反日国家・韓国を批判し、親日国家・台湾を持ち上げる――を反復しているように思える。「韓国は反日だ」という決定的な一言は避けつつも、議論の運び方はあからさまに「(日本にとって)いい国、台湾」と「(同じく)悪い国、韓国」という構図を想起させる。

 だいたい、台湾の現地のシーンには一切感心を持たず、「親日バンドを応援したい」などと言っている時点で、台湾のバンドに対する敬意がなさすぎる。もし親日じゃない台湾のバンドがいたら「興味なし!」なんだろうか。あるいは、親日ありさえすればどこの国のバンドだろうが熱心に応援しようとでも言うのだろうか。それもそれで「いびつ」だし「病んでる」と思うけどな。もちろん、興味を持つ最初のきっかけとして日本の音楽に興味持ってくれてるからっていうのがあっても全然いいと思うけど、それをまさか全面的な行動指針にしようだなんて、うぬぼれたものだよね。

 あ、台湾のバンドって正直あんま知らなくて、ベタですけどElephant Gymはけっこう好きです。