ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

■カテゴリ別ショートカット

レビュー(音楽) レビュー(本) エッセイ、考えごと

いい声の声優がいい音のイヤホンをレビューする記事を読んで打ち震えた

 2015年のアニメ版アイドルマスターシンデレラガールズのCVのなかで、もっとも話題と注目を集めたのが当時弱冠17歳の新人、武内駿輔くんだったことに疑いの余地はないだろう。なんかむっちゃいい感じの低音ボイスを響かせる落ち着いた雰囲気の好青年が現れたと思ったらまさかの現役高校生、しかも隠しきれない育ちの良さを伺わせる物腰の低さ、さらには初々しくも堂々とした演技、この三本の矢を携えて声優業界に現れ、2016年の声優アワード新人賞を受賞し、ものの一年で一気に知名度を上げたのだった。

 そんな武内くんもいまや20歳を過ぎ、男性声優界の若手有望株としていろんな期待を背負いつつ活躍中だ。ここ最近は急激にファッションがチャラくなったと良くも悪くも話題になっていたのだが、「いままでの(まるで車のディーラーのように)清らかな武内くんはどこへ!」と嘆く声と同じくらい「チャラくなった武内くん最高すぎかよ……」という嘆息もそこかしこで聞こえてくる、もはやなにをしても喜ぶ奴は喜ぶ最強のステータスを手にしている。

 言うほどチャラいか? ウェーイ系になるよかずっといいのでは? 男性声優としてはアベレージのファッションでは… という気もするがまあさておき。

 それだけなら「なんかおもろい新人がいるなあ」程度で済んだだろう。自分には女性向けコンテンツも含めて網羅的に武内くんを追うほどのおたくリソースはいまのところないし。しかしなんと武内くんはDAWを駆使したトラックメイクが趣味で、ダブステップ(というかブロステップ)を聞いていることを公言していたりするナイスガイだったのだ。

 これは目をつけずにはいられない。本業もさることながらそこんところ気になるぞ。……そんな折、こんな記事が眼に止まった。

www.phileweb.com

 AKGのイヤホンのレビューという体裁をとったインタビュー記事だ。これが、「いい声」+「音楽好き」+「トラックメイクも嗜む」という武内くんの強みが全開になった、オーディオ好きにも声優好きにも楽しんでいただける良いコンテンツとなっているのだ。たとえば以下のやり取り。

-- ちなみに普段はどんなイヤホンをお使いなんですか?

武内:ケーブルが断線したら「直して使うより新しいのを買う」タイプなので、価格帯的にも気を使い過ぎず、ふだん使いにも出来るくらいのものを選んでいます。ふだん使いするイヤホンは、高域はなるべく刺さらないようなやつを選んでいますね。長時間聴くと、高域が耳に刺さるやつは疲れてきちゃうので、ほどよく聴こえつつ聴きやすい音、ということを大切にしています。「キックの音がこもり過ぎてるかな」「これだと軽すぎるな」と、主に自分がよく聴くジャンルの音楽を使って聴き比べをしていますね。

 普段使いのイヤホンについて聞かれてこんなに朗々と語れる人もそういないのではなかろうか。「価格帯的にも気を使い過ぎず、ふだん使いにも出来るくらいのものを選んでいます」との言葉には「わかるわ~好感しか持てないわ~」と頷く他ない。レビューの言葉もどれをとっても盛りすぎずかといって不足もせず、たとえば人より低いためにドンシャリのイヤホンだとオケに埋もれがち、という自分の声のウィークポイントも明かしたりしながら、「中域の鳴りの大切さ」を語るあたりなどは説得力の塊としか思えない。もう一本くらい次はヘッドフォンで同じようなインタビューをやってほしいぞ。

 さらに注目なのが、音楽活動への意欲。武内くん本人の言葉でちゃんと自分の音楽活動について語ってるのは初めて見たので、その本気度に震えた。

-- ご自身で作るDTMの方向性はどういったものになりますか?

武内:基本的には打ち込みなので、生楽器はサンプリングの音源を使います。最近は「EDMプラス生音」がシーン的にも流行りなので、4つ打ちをベースにしつつ色々と。R&Bも改めて好きになってきたので、オールドスクールな音楽も作れるようにしたいなと思っています。ですので、ヒップホップやR&B、ソウル系が好きですし、自分でも作れたらな、という感じです。

 EDMシーンの流行りをチェックしている男性声優、武内駿輔である。アルバムも是非だしたい、なんなら来年にでも、とまで言っている。81プロデュースさん、応援してあげて! また、好きな楽器を訊かれて「生の弦楽器の良さ」を熱く語るあたりにもガチさが垣間見えて良い。さらに、

あと、DJ SNAKEあたりがやり始めた感じの、ボーカルのフォルマントをいじったような音が好きで、自分の作る曲でもよく使っています。「これをやったら良い曲に聴こえる」って(笑)。

 トラックメイクガチ勢である。DJ SNAKEがやり始めたのかは知らないが(ちょっと前のベース・ミュージックやビート・ミュージックが発祥のような気も)。

 こうしてまんまとおれはアンケートに答え、武内駿輔くんのサイン入りイヤホンプレゼントに応募してしまったのだった…… 以上、日記でした。