ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

■カテゴリ別ショートカット

レビュー(音楽) レビュー(本) エッセイ、考えごと

Diplo、Rihannaに曲を一蹴された思い出を語る(※本題はそこではない)

f:id:tortoisetaughtus:20170809084200j:plain Charli XCXの“Boys”MVで犬と戯れるDiploの図

www.gq.com

 Coachellaに湧くアメリカを尻目にアフリカ・ツアーを行ったDiplo。彼に密着したルポ+インタヴュー記事が面白い。いまアフリカはたとえば南アフリカハウス・ミュージック“Gqom”であったり、あるいはアフロ・ビート(フェラ・クティのそれではなく、アフリカン・ダンス・ミュージック全般の意)が注目されはじめて、新しい文化のフロンティアとしての存在感を強めている。世界中のいわばヴァナキュラーなダンス・ミュージックにアンテナを伸ばし続けているDiploが現地に赴くのは必然ではある。

2015年に出たGqomのコンピレーションのプロモ・ミックス。ダークでベースの聴いた異形のハウス・ミュージック

 キャリア史上いちばんキツいレベルのプレイも経験したというこのツアーについて、インタヴュアーもけっこう突っ込んだことを聴き、Diploもわりにあけすけに本音を語っているから、読んでみると面白い。アフリカ各国のシーンや歴史に対するリスペクト、アフリカへの根強いステレオタイプに対する批判、はたまたEDMシーンとの距離の置き方などなど……。よくこんなハードワークができるものだと思う。働き者だ…… あと、なにげに堅実。「プライベートジェット使う金があったら子どもの学費にするわ」とかね。

 しかし、本筋とは別に、途中で出て来るRihannaとのエピソードが強烈だ。あのDiploでさえRihannaに一蹴されてしまうのか……という感じだ。抜粋してみよう。

GQ:スタジオ・セッションで自分が果たす役割ってどんなものだと考えてます?
Diplo:僕って別にこれが得意だってことがないんだ。例えばさ、この曲をさっき編集してたんだけど[ラップトップから曲を流す]、作業してればしてるほど「マジかよ、これはダサいぞ」って気分になる。プリセットをいじりながらずっと作業してたくはない。気分は「この町にはMr Eaziがいるんだ。アフロ・ビートを一曲やってみようじゃないか。Rihannaや誰かに使ってもらえるかもしれないぞ!」みたいな感じなんだけど。でも実際にここに座ってドラムを打ち込むだろ。クソみたいなもんだよね。
GQ:じゃあRihannaに曲を提供するとなったら?
Diplo:僕はとにかくMajor Lazerの曲に彼女を呼びたいんだ。彼女は僕らには手の届かないアーティストの一人だから。
GQRihannaとMajor Lazerはいい組み合わせに思えますけど。
Diplo:僕らが活動をやり尽くしてしまうまでには、一曲くらい彼女に参加してもらえると思う。きっとね。でも、もし実現しなくても気にはしない。“Lean On”を聞かせたときなんか、彼女は「私はハウス・ミュージックはやらないから」みたいな感じで。そのときは手で顔を覆ってかなりがっくりきた。また別の機会に彼女とセッションしたときがあったんだけど、Futureもそこにいたんだよね。The Weekndもいたし。まだ無名だったMetro Boominもいた。僕は会えるだけでハイになってた。Futureは彼女にもう700曲くらい聴かせていた。もう朝の四時だよ。しまいには僕も「一曲でも聴かせられないんだったら出てくぞ」ってなってさ。彼女に一曲聴かせたんだ。そしたら彼女は「なんだかどこかの空港で鳴ってるレゲエみたいに聴こえる」だって(笑)。僕はもう「ああ、もう死ぬしかない」って感じだったよ。

 怖い! 辛辣! 想像したくもない! Rihannaにようやく聴かせた一曲が空港のBGMだと言われたらそりゃ死にたくもなる。

 この画像がTwitterでまわってきたときも思ったけど、もはやビッチというか女王ですよ。うひゃー