読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

トークボックスをDIYする(500円以下で)

 ひつようなもの

  • いらないスピーカーユニット(ほら、メーカーパソコン買ってきたらチープなのが付いてきたりしたでしょ。ああいうのが家にひとつくらいあるという前提で)
  • DCジャック(内径2.1mm、外形5.5mm)
  • フォンジャック(6.3mmモノ)
  • LM386アンプ*1
  • 漏斗
  • ビニールチューブ*2

 これらがこうなって(略)、こうじゃ

f:id:tortoisetaughtus:20170516151245j:plain f:id:tortoisetaughtus:20170516151249j:plain

 最初は手持ちのギターアンプからの出力を受けるパッシヴなトークボックスにしようとしたが十分な出力が得られず、仕方ないからLM386でプリアンプを… と思って最低限の回路(データシートに載ってるやつ)を組んでつないでみたらなんとじゃんじゃん出力が稼げる。インピーダンスの問題かなんなのか。

 漏斗とスピーカーユニットの接着にはグルーガンを使っており、裏側の開口部は防音のため各パーツを組み立てたあとにくしゃくしゃにした新聞紙をつめてダンボールで蓋をしてます。それだけ。音がひどくひずむのであんまり音色のバリエーションや強弱のニュアンスは広げられないけれど、家に余ってるパーツで実質漏斗とビニールチューブだけで完成したので、文句なし。

Daft PunkのSomething About Usも録ってみた。

 まあ、こんなもんですね。子音の発音がめっちゃ難しい。練習が楽しい。以上です。

*1:DCジャック、フォンジャック、LM386はお近くの電子部品ショップや秋月電子通商とかマルツパーツ館で一個百円以下で買えます。もしクレカが使えるなら、ebayで買うと単価は10円~20円になります(10個パックで100円、とかいうのがザラにある。ただし2~3週間の納期が必要。)

*2:これは変にネットで買わずにホームセンターへGO。買う予定の漏斗とチューブがぴったりあうことを確認しよう