読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

ここ1年ほどのブログ記事を振り返ってみる(akaもっと読んで欲しい記事一覧)

 さて、気づくとこのブログを本格的に始動して1年以上が経とうとしている。すこし厄介な病に倒れて療養中の身ながら、いろいろと力を入れて書いた記事が結構ある。ちょっとここらで振り返ってみてもいいかな、と思う。

caughtacold.hatenablog.com

 チャック・ベリーのあの印象的なイントロについてポリリズミックに解釈してみた小文。たしか大瀧詠一だったかが「アメリカ音楽はどこかの段階でシャッフルっていうのを捨てたんだよね」みたいなことを新春放談で言っていたような気がするのだが、その断裂線はやはりチャック・ベリーにあるように思えてならず、書いた次第だったと思う。チャック・ベリーの訃報もあって、最近もちょくちょく読まれている記事みたい。

caughtacold.hatenablog.com

 狭間美帆の発言から、EDMに侵食される北米のポップ・ミュージックについて考察したもの。しかし、この記事でも既に触れているが、今やモードはすっかり変わって「ドロップ」主体のポップスっていうのも落ち着いてきた気がする。むしろトラップの重たいビートでみんなテンション下がってるみたいな。トロピカルもどっちかっていうとチルめのノリだったし。

caughtacold.hatenablog.com

 これはずーっと温めていた発想の記事で、AIと人間の共作というものが進展していくと、音楽の記号化の極北であるMIDI(これを菊地・大谷テーゼと呼んでもいいかもしれない)を越えて符号化のレベルに達しちゃうのでは。という話。しかしまじでDeepMindが吐き出したピアノの「演奏」には鳥肌が立ったものです。

caughtacold.hatenablog.com

 これも結構構想が長かった記事で、Twitter上では反応もそこそこあった。音声や動画の圧縮アルゴリズムというものが圧縮対象の「本質」だと見なす情報とはどのようなものか、アルゴリズムの向こう側の世界ってどんな世界なんだ、みたいなことを、ロー・ビットレートの音声ファイルや動画ファイルに見出してみる、という話。ちょうどそのいい例になったのが、アルヴァン・ルチエの《I am sitting in a room》とそのオマージュ作品だった。

caughtacold.hatenablog.com

 30年近く生きてきて、だいたいその三分の二くらいは自覚的に音楽好きだった自分にとって、音楽の可能性とはなんだったのかしら。音楽の楽しみとは。ということを考えてしまった記事。大学院時代に研究していたフルクサスの美学に惹かれたのもこの記事で書いていることが根本にあると思う。

caughtacold.hatenablog.com

 ひとつ上の記事を読んでも分かる通り、あんまり音楽産業にコミットしたいとも思わないし言及もそんなにしたくないと思ってしまう程度にはナイーヴな人間だけれど、さすがにこれはまずいんじゃないの、と思っていることのひとつが、「ショートバージョン」という謎の習慣。スカパーの音楽チャンネルを四六時中エアチェックしてミュージックビデオを熱心にチェックしていた頃もあったほどこの表現媒体には思い入れがあるので、それがようわからんビジネスの都合でおざなりに扱われているのが悲しくなるのだ。

caughtacold.hatenablog.com

 これはチャック・ベリーの話を書いてたときからぼんやりと思ってたことで、短くても記事にできてよかった。ヴェルヴェッツのラディカルさはどこにあるのか、という話なんだけど、時代のズレるジャーマンプログレとあえて比較してみた意味は実はわからない。ただ、現代音楽とロックの接点を考える上ではある程度有益な比較では、と……。

caughtacold.hatenablog.com

 ディスク・レビューのかたちをとってるけど、「ポップスの想像的分業制」とかいう謎概念を提示してみたくて書いたところがある。エレクトロニック・ミュージックの潮流として、リズム、和声、メロディみたいな分業が融解しつつなおポップ、みたいなのがOPNなんかの凄いところやんな、みたいなことを思っていて、それがSophieの曲にも繋がるなと思ってディスク・レビューというテイをとってみた。

caughtacold.hatenablog.com

 なんでラッパーはサイボーグ化するのか? というDJ /Ruptureの文章から引き出した問いを煮詰めてみたらこうなりました、みたいな話。最初はカニエ・ウェストを分析しようとしていたんだけど、Drake & Futureを聞いたらこっちのほうがおもろいやんけ、みたいになってこうなりました。佐藤雄一さんのKOHH論にもちょっと影響されている。

 まあ、関心がむく未読の記事があればぜひ読んでみてください。できればスターやブクマも欲しい。笑 Twitterでは知らん人にもファボられるのにスターもブクマもつかないんだよな。なんでだろうな。