ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

■カテゴリ別ショートカット

レビュー(音楽) レビュー(本) エッセイ、考えごと

Iggy Azaleaの新曲“Mo Bounce”に目の覚めるような酷評が

 標題の通り。あんまり評判がよろしくない。実際の曲はこちら。

 んーまあ、話のタネにぽんと出されたなら別に…… という気もするが、どうやらわざわざ制作を仕切り直して延期中のアルバムをお披露目する気合の一発らしい。「それでこれかい!」という叫びが一部ウェブマガジンで聞かれている。ちょっとこき下ろされ方がおもしろかったのでメモしておく。

www.spin.com

It’s here: Iggy Azalea’s new song “Mo Bounce,” a budget Far East Movement EDM-rap-pop Frankenstein with all the subtlety of LMFAO and Lil Jon’s “Shots.”
これがIggy Azaleaの新曲“Mo Bounce”… どことなくLMFAOとLil Jonの“Shots”を思わせる、Far East Movementによる安っぽいEDM・ラップ・ポップのフランケンシュタインだ。

 記事タイトルが既にひどいのだが、一行目から凄い表現だ。“EDM-rap-pop Frankenstein”という表現にただならぬ嫌悪感がにじみ出ている。

“This is a statement,” he[Beats 1のZane Lowe] said when premiering the song today, but that only makes sense if the statement Azalea was trying to make is, “Please never listen to my music again.”
「これは声明です」とZane Loweは今日のこの曲のプレミアで言っていたが、Azaleaの出したかった声明とやらが「私の音楽を二度と聞かないで下さい」なんだと言うのなら意味はわかる。

 なにもそこまで…

The next time I hear this song, I hope I’m blackout drunk.
次にこの曲を聴くことがあったら、酔っ払ってぶっ倒れているときがいい。

 目の覚めるような酷評だ。そしてFact Magの酷評もなかなか堂に入っている。

www.factmag.com

They say be careful what you wish for because you just might get it and, perhaps, we’ll learn that lesson the hard way with Iggy Azalea’s new single ‘Mo Bounce’. The track, which was produced by The Stereotypes and ‘Like a G6’ artists Far East Movement, sounds exactly like what no one wanted from the blog house revival.
願い事には気をつけて、なぜならほんとにかなってしまうから。とはよく言われることだが、恐らく私たちは同じことをIggy Azaleaの新しいシングル“Mo Bounce”で辛くも思い知ることになるだろう。この曲はThe Stereotypesと“Like a G6”のFar East Movementによるもので、誰もブログ・ハウス・リヴァイヴァルからこんなものが出てきて欲しいとは思ってなかったような、まさにそういうサウンドだ。

 ブログ・ハウスというのはちょうど10年前くらい、ヒップな音楽ブログが中心になって流行らせていたフレンチ・エレクトロとかあの周辺のダンス・ミュージックのことで、詳しくはこの記事を(昔を懐かしみながら)チェックしてほしい。まあとにかく、リヴァイヴァルするにしてもこんなのってないよ! という心の叫びである。

Check out ‘Mo Bounce’ below, which is maybe something you will like if you really miss Uffie.
以下で“Mo Bounce”をチェック。もしあなたがUffieがいなくなって寂しいと思ってるんなら気に入ると思います。

 若干Uffieに失礼だろ、と思いつつ、聴いてみると「あぁ… でもたしかにそんな感じ」となってしまう。Uffieねぇ。Yelleは元気にしてますけどね……。