読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

デジタルマルチメーターを改造する。

studyin.pink

f:id:tortoisetaughtus:20170211140538j:plain

ちょっと思いついてやってみた改造というのはだいたい無駄に終わったりかえって不便になったりしがちなのだが、たまたまいい感じになったことがある。電子工作のために安物のマルチメーターを愛用している(下リンク参照)のだけれど、プローブが赤・黒一本ずつの着脱式でいちいち差したり抜いたりするのがめんどくさい。

ステレオジャック&プラグが大量に余っているのをいいこと改造をした。本体側にステレオジャックを取り付けたうえで、チップに+(赤)、リングに-(黒)を割りあてて、Y字ケーブル状のプローブをつくる。

f:id:tortoisetaughtus:20170211140542j:plain

f:id:tortoisetaughtus:20170211140544j:plain

ジャックが二つあるのはもともと+のプローブの入力が2系統あるからで、基本的にどちらかにプラグをぶっ刺すだけでよい。

f:id:tortoisetaughtus:20170211140547j:plain

本体から直接ケーブルを生やしてもよかったのだが、せっかくなのでいろんな種類のプローブをつくった。普通の針状のもの、ブレッドボードに差し込める規格のもの、ワニ口クリップをとりつけたもの。これが意外と馬鹿にならない。ブレッドボードに直で差し込めると、ためしに作ったちょっとした分圧回路の動作を確認できたりするし、ワニ口クリップもかんたんに抵抗の値を測れるようになる(冒頭の画像を参照)。あとなにかおもいついたらケーブルさえあればすぐに作り足せるのもいい。プローブって買うとそれなりの値段するし。

f:id:tortoisetaughtus:20170211140549j:plain