ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

■カテゴリ別ショートカット

レビュー(音楽) レビュー(本) エッセイ、考えごと

「萌え絵」は「男性の眼差し」の具現化なのか?――「駅乃みちか」問題について

 東京メトロのキャラクターである駅乃みちかは、2.5頭身程度に極端にデフォルメされたゆるキャラ的な意匠で、独特な(若干うざい)キャラクターで一部から大きな支持を得ていた。しかし、そのキャラクターをいわゆる「萌え絵」にアレンジした画像が出回ると、数日のあいだに炎上といって差し支えない状態にまで発展した。ぼくはおたく文化にも、おたく文化論にも、フェミニズムにも明るいわけではないけれども、Twitter上で繰り広げられる議論にはいささかうんざりさせられた。

 その詳細は省くけれども、要点としては、おたく側とフェミニスト(と自らみなしているかはこの際おいといて、単純化させてもらう)側の論点が絶望的にずれているように思われたのだ。

 いろいろともやもやしながら推移を見守って、ツイートも何度かしたのだが、思考がまとまったのはこのツイートを見たときだった。

 まとめると、北原が「萌え絵なんていう卑猥な表現は公共の場で提示することは世界的な基準からいって許されない」と主張する一方で、彼女自身が行っている「公共の場で女性が自ら全裸になり、自分の身体を提示する」という挑発的パフォーマンスとのあいだには、著しい矛盾があるのではないか、ということになる。

 しかし、北原本人の物言いは個人的に賛同できないとはいえ、ぼく自身は、この2つ――(北原いわく)「世界基準の」萌え絵批判と自らの裸体の提示――のあいだに、そう大きな矛盾は感じられないと思った。というか、Twitter上で侃々諤々の議論について、「こういうところですれ違いが起こっているのではないか」という示唆を受けた。

 なぜ「萌え絵」がとりわけ(一部の)フェミニストから痛烈に嫌悪され、批判されているかといえば、その記号表現が、「男性が女性を客体化し、単に性的にまなざされる対象とする」というセクシズムを具現化している、とフェミニストたちが考えている からではないか。そこで問題になるのは、実際にそれが猥褻に見えるかどうかというよりも、その記号化の仕方に男性優位主義的なイデオロギーが反映されているはずだ、という見立て のほうだ。要は問題意識が異なるのだ。「萌え絵」は男性優位主義の権化である、という立場からすれば、他の記号表現よりも真っ先に「萌え絵」がやり玉にあがるのは当然だ。しかし、批判されている側は、「猥褻な表現を規制することは是か非か」という「表現の自由」の問題としてこの批判を受け止め、猛烈にそれに抗おうとする。その抵抗はまったく正当なものだと思うし、ぼく自身共感するものだが、すると議論は平行線にならざるをえない。

 で、北原のパフォーマンスに話を戻すと、上記の前提からすれば、彼女の裸体の提示は、「萌え絵」という形で記号化され消費される女性の身体像に対して、記号化を経ていない自らの裸体そのものの提示を通して対抗しようとするもの として考えることができる。そしてそれはまた、1960年代以降のフェミニストによる芸術表現において繰り返し表出してきた問題意識でもある。(とりわけヴァリー・エクスポートによる諸作品(以下に掲載の《アクション・パンツ:性器のパニック》(1969年)や《タッチ・シネマ》(1968年))などをぼくは思い出してしまう。)

Valie Export, "Action Pants: Genital Panic," 1969

 その理屈がひとびとに対して説得的かどうかはわからないし、まして北原を擁護したいというわけでは決して無い。その問題意識はわかるし、共感できなくもないということだ。わかりやすく翻案すれば、ハリウッド映画などに描かれるあまりにも陳腐な「ステレオタイプな日本人像」に対して日本人がすっかりうんざりするのと同じことだ。ときにはアジア人だからといって中国人や韓国人といっしょくたにされてしまう、西洋の人々が持つ偏見に満ちた日本人像に対して、等身大の日本人を理解してほしい、と考える人は少なくないと思うが、どうだろうか。「なんでルーシー・リューが日本人役なんだよ、日本人の役者を使えよ!」 とつっこむのと同じように、「萌え絵みたいな都合のいい身体の女なんていねえよ、現実の女性の身体はこんなもんだ!」 と北原などは言っているわけだ。そこに、「いや、それってフィクションなんだからさ、別によくない?」というのは自由だし、まあある程度はぼくもそう思う。

 ところが、もう気づいている人もたくさんいると思うけれど、ここまでの議論には大きな問題がある。「萌え絵」に見られる女性の身体の記号的表現が、男性優位主義の価値観の反映だと、本当に言うことができるのか? ということだ。実際、いわゆる「萌え絵」の描き手には女性も多いし、女性漫画家の活躍は少女漫画の隆盛以来、ジャンルを問わずみることができる。また、依然として数は少ないとはいえ、高く評価される女性のアニメーション監督だっている。そしてまた、BBCが記事にしたように、漫画における性的な表現のブレイクスルーの1つを担ったのは、他ならぬ女性少女漫画家だった。もともと深い漫画好きとはいえず、ことに少女漫画研究の成果をぼくは寡聞にして知らなくて、だからこの文章を参考文献もなしに書いてしまうことには躊躇があった。しかし、「萌え絵」の文法を構築してきたのは、男性から女性へと向けられる一方的な眼差しだけでは決してない ということをきちんと主張する人が、あまりにも少ないのではないか、と思ったのだ。「萌え絵」を擁護するおたくが主張するべきなのは、「萌え絵は猥褻な表現ではない」ということではなく、「萌え絵」を男性優位主義の象徴として見なすのは、日本の漫画文化における女性の貢献をあまりにも過小評価しているのではないか という点に尽きると思う。

 ひるがえって見ると、Twitter上での議論は、「この表現が猥褻であるかどうか」という点に終始していて、「ここがダメだ」とか「あそこがいけない」とか、萌え絵版駅乃みちかのディテイルに、ほとんどあら捜しと言っていい難癖がつけられ、おたく側もおたく側で、「それを猥褻と見なすのは偏見にすぎない」と猛反発する、というのが繰り返されている。これにはうんざりする。表現の枝葉末節をとりあげて批判するなんていうことは 本質論を避けた揚げ足取り にしかならないし、この議論を「表現の自由」を賭けた闘争であるかのように躍起になってフェミニストを論破しようとするおたく側も、フェミニスト側がもっとも問題視しているであろう点について自省することをすっとばしている。

 したがって、もしこの議論を単なる「猥褻な表現の是非」として考えるならば、それはまったく不毛だし、まさに「悪書追放運動」の悪しき反復を生み出すことにしかならないだろう。しかし、建設的な方向に議論が進みうるとすれば、「萌え絵」の記号表現を支えているのは本当に男性優位主義なのか、あるいは、「萌え絵」を男だけのものだと無前提にぼくたちが考えてしまっていないか、と改めて問うことにあると思う。繰り返すけれど、ぼくはまったく不勉強ながらこうした文章を書いてしまっているので、もしかしたらすでにそうした研究は蓄積されているのかもしれない。もしそうだとしたら、より知識の深い方々に、「萌え絵」にみられる記号表現に対して女性が果たした役割について、ぜひご教示いただきたいし、参考になる著作があれば(無職でお金がないからすぐには買えないけど)紹介していただければと思う。

 最後に、ぼくがこの騒動を横目に見ながら何度も思い返した、Viceのドキュメンタリーを紹介しておきたい。主に北米においてセーラームーンがどのように受容され、いかにマイノリティの人々を勇気づけてきたかを、トランスジェンダーレズビアンの人々を主人公に据えて描いた小品だ。これを初めてみたとき、ぼくは本当に涙をこぼしそうになった。おたく文化がこのようにマイノリティに力を与え、生きるよすがを提供していることにこそ、ぼくは(あまり良い読者/視聴者ではないとはいえ)おたく文化を世界に誇る意義があると思っている。だってそうじゃないか、クラスにどうしても馴染めないときに、教室の隅っこや学校の外でぼくらを勇気づけてくれたのは、まさしくこうした漫画やアニメだったじゃないか。これを思いだすとき、「萌え絵」に代表されるおたくカルチャーを単純に批判していよいのか、と問わずにはいられないのだ。