読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

MarkdownエディタとしてAtomを使ってみる

Markdownっていいよね

Markdown Logo

今更Markdownの良さを力説してどうする、ということもあるけれど、ちょこっと覚えて使い出してみるとやっぱりいい。

そもそも昔から、文章の内容そのものの記述と、文章の見た目に関する記述は、きちんと分離しておきたいなーと思ってきた。テクストを書いてる最中に、最終的な見た目に凝りたくはないから。その点、Markdownはよい。最低限のマークアップで文章の構造と修飾を示しておく ことができる。なまのテクストの可読性をあまり下げずに、かつ使うソフトウェアに依存しないかたちでこれができる というのは、結構大きい。さらに、ウェブやプログラミングの世界を中心に広く使われているので、各方面につぶしが効く。周知のことだから言うまでもないけれど、はてなブログもMarkdown記法で記事を書くことができる。あるいは、Markdown記法を使ってちょうかっこいいプレゼン用のスライドだって作れる(reveal.jsはMarkdown記法に対応しているのだ)。

論文を書くとか、きちんとした文書として文章を完パケしないといけない場合は、そりゃあMS WORDなり、あるいは理系ならTeXなりを使ったほうがいいっちゃいいけれど、イージーに長文を書いて、ネット上にアップするにあたってはこれほどナイスな選択肢もない。ただ個人的には、脚注が使えないのが地味に痛い。各種方言で独自に対応しているので、気にするほどのことでもないんだろうけど。*1

Atomっていいらしいですね

で、本格的にMarkdownで文章書くで~、と思い至って、はてなブログの編集画面じゃあちょっと不満だ、となる。しばらく文章のドラフトをEvernoteで書くようにしてきたのだけれども、Evernoteクライアントはエディタとして優れているわけでもないし、なにより奴はMarkdownに対応していない。となると、Markdownエディタで文章を書いて、ファイルはクラウドに保存する。という方法のほうがベターだ。Evernoteはちょっとしたメモや抜き書きの集積と割りきって、文章を書くという行為とはっきり分けたほうがよろしかろう、と。

そこでいろいろと検討したのだけれど、「デフォルトの時点でもう十分にUIがクールじゃん? カスタマイズ性高いの最高じゃん?」 という点の一択で、一昨年あたりから話題らしい Atom を使ってみることに。

マジで謎いこのプロモーションビデオも熱いぞ。

Markdownをメインに使おうと考えた場合、AtomではデフォルトでMarkdownのリアルタイムプレビューを利用できる というのは大きい。そして、これは地味なことだけれど、クロス・プラットフォームだからUbuntuでも使える。2台あるサブマシンのうち1台がUbuntuで、それなりに使う機会が多いのだ。いろんな環境で同じエディタが使えるのはたのもしい。(その他Atomのなんたるかは適当にググるか、ここ とかここを参照。)

実際、インストールは異様に簡単。というか、インストールファイルを実行すると、一枚のウィザードすら出てこないで、なんだかキュートなアニメーションが流れる。気づくとインストールが終わって、あっさりと起動する。設定なんかに困ったらネットにいくらでも情報があるので、困ることはない。

AtomをMarkdownエディタとして使うにあたっては、もっぱら以下のブログ記事を参考にした。

blog.nanashinonozomi.com: Windows 10 で Atom を Markdown エディタとして使う

適当にパッケージぶっこんで、上記のような情報を頼りにフォントなどの設定をしたら、あとはそんなに思い悩むことなし。

はてなブログAtom

この記事も実際こんな感じで書いてます。

加えて、"Hatena Blog Entry Post"というパッケージを使えばAtomから直接はてなブログに投稿できる。

Atomエディターからはてなブログに投稿できるようになりました。 - TOEIC940点の文系大学生プログラマによるブログ

実際に使用する場合、はてなIDとブログID、そしてAPI Keyの3つが必要なのだけれども、ブログID=ブログのURL(このブログならcaughtacold.hatenablog.com)で、API Keyはブログの設定画面の「詳細設定」タブ中段、「AtomPub」の項に書いてある。

はてなブログAtomの合わせ技。悪くない。

正直、たまにネットで見る、Emacsでなんでも済ましたり、あるいはVimでなんでも済ましたりする人って変態なんじゃないかな、って思ってたけれど、ちょっと気持ちわかった。テンションあがって、ProcessingのスケッチをAtomから実行できるパッケージをインストールなんかしちゃったりして。パッケージでいろいろいじれるのは楽しいなー。

このブログも環境から整えていけば継続できるかな。どーかな。

*1:たとえばはてなブログは二重かっこでくくれば脚注として処理してくれる。