ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

日記 2018年12月14日(2019年は語学をがんばって、英語ブログでも始めてみようか、みたいな気分)

The Chainsmokersのシングルを集めたコンピ。昨今のEDMの流れを汲むポップスはほぼ彼らの「Closer」のヒットに影響されていると言っていいと思う。ハードさやEDM的ケレン味を若干そぎおとしつつ、ビルドアップ‐ドロップ構造をポップスに定着させ、なにより「…

Ariana Grande「imagine」

Ariana Grandeの新曲。もはや『Sweetener』よりも話題をかっさらっていると言える「thank u, next」に続く「imagine」も過去の恋人たちへのメッセージで、こちらは甘美な恋人同士の日常を描いたかと思いきや、コーラスでは「そんな世界を想像して」とか「そ…

日記 2018年12月13日(DAOKO、ぼくりり、ハルコとフランシス、2009年の低音事情)

DAOKOの新譜、前作くらいからボカロPも含めたJ-POPとアニソンやゲーム音楽界隈のあいだのマージナルなところにいるプロデューサーを起用して、テン年代のJ-POPとはなんぞやみたいなところをプレゼンしようとしている感じがあったけど、ついぞ小林武史とコラ…

日記 2018年12月12日(やっぱ…… 今年のベストは…… うーむ……)

なんか今日は特に言うことないな。新譜がいっぱい出てチェックしようと思ってたんだけどなんだかんだあってまだ聴けてない。DAOKO、ぼくりり、七尾旅人、Higher Brothers、XXXTENTACIONなど。午前中は今年聴いた盤のおさらいをしていて、SOPHIE『Oil of Ever…

日記 2018年12月11日(Tierra Whackいいっすね、すみません……)

星野源のアルバムにUjico*/Snail's Houseが参加するとか。星野源のFuture Bassへの入れ込みかたは「アイデアの間奏でそれっぽいことやった」だけにはとどまらない、ということはあの楽曲全体をつらぬくリズムや譜割りのつくりを分析して検証したことがあった…

日記 2018年12月10日(世の中に絶望しないでいられるのはLVや慕情周辺のおかげです)

そういえば昨日の菊地成孔の日記(有料メルマガ)に、ペンディングにしてたリズムの本を書くって宣言してあったんだよね。ニコニコ動画のビュロー菊地チャンネルで配信されている「モダンポリリズム」なるコンテンツはほんとに素晴らしくて、あの内容を書き…

「マーケティング志向」という新たなカリスマ像とその虚妄

news.yahoo.co.jp AmPmは、巧みな戦略でストリーミングプラットフォームを「ハック」して、異例の成功を達成した音楽ユニットとしてしばしば紹介される。上掲の記事もまあ、そんな感じの紹介をしていて、別に間違っちゃいない。実際数字が出てるんだから。そ…

日記 2018年12月9日(『からかい上手の高木さんCover Song Collection』という2018年を代表する名盤)

www.billboard-japan.com ビルボードジャパンの年間チャートが出た。トップアーティストを見ると出てくる面々はまあお馴染みという感じで、米津玄師がとにかく強い。ルックアップ(PCでCDを読み込んだ回数の目安)の数値が結構面白いですね。ある程度積むの…

日記 2018年12月8日(ブクガのセンターはサクライケンタ)

リズ青のBD(数量限定の台本付)を受け取るなどしてテンションがぶちあがり。しかし見返す勇気はまだない……。気合入れないと見れないからねえ。そして帰宅するなり爆睡してしまう。朝までちょっと仕事していたので。結果、きょうもまたほぼ一日潰すことに。…

日記 2018年12月7日(オーニソロジー、SNJO、七尾旅人、SKY-HI)

頭痛で一日まるごと潰してしまった。金曜日なのを忘れていて油断していた……。 TABOOレーベルの最終兵器(文字通り、である)、オーニソロジーの1st『101』が良い。オーニソロジーこと辻村泰彦さんはこれまで「粋な夜電波」にも何度か登場した関西弁の兄ちゃ…

低音、メランコリー、もしくは福音

Billie Eilishの「When the party's over」が今年のフェイヴァリットトラックのひとつなのだが、メランコリーとサブベース(そして声)が結びついた表現といやあJames Blakeだなあと思った。もちろんその前駆としてBurialがありまたトリップホップがありOn-U…

日記 2018年12月6日(アジカン、崎山蒼志、テクノロジーとリアルの幸福な関係は都市というぬるま湯で停滞しきっている)

アジカンの新譜を聴く。たしかにこういうサウンドがアベレージになってほしい。言うほど低域か? と思うものの、でもキックやスネアの鳴りは確かに低域が充実していてたのもしい。Alabama Shakesみたいに地を這うようなベースを期待してたのでそこは違ったけ…

日記 2018年12月5日(どこの本屋まわっても(アニメイトにさえも)声優パラダイスRがない)

realsound.jp IZ*ONEが日本の音楽番組で初めてパフォーマンスを披露、ということで彼女たちの楽曲「La Vie En Rose」を中心に解説記事を執筆。ボーイバンドに触れる余裕は残念ながらなかったんですが、今年デビュー組のガールズユニットと比較しつつ、K-POP…

Jeff Tweedy『WARM』

Wilcoのフロントマンによるソロ作。曲自体はわりかしWilco節なのだが、よりプライヴェート感あふれる手触り。デッドながら温かいサウンドが70年代の名盤みたいな風格を漂わせててほんと素晴らしい。「How Hard It Is For A Desert To Die」や「How Will I Fo…

日記 2018年12月4日(スピーカーがふたつあるってことはそこに二次元の世界があるってことなんですねっておれに聞くあの娘)

realsound.jp RealSoundにKOHHに関する記事を書きました。個人的には「『フロウ』の話をよくされるけどKOHHのラップで大事なのは母音の明瞭さ」ということが一番言いたかった。加えてKOHHが生い立ちとか地元愛みたいなかたちで背負っているヒップホップ的な…

日記 2018年12月3日(直訳邦題にこだわりのあるThe 1975だが日本でのバンド名は昭和五十年にしなくていいのだろうか)

最近のアーケード音ゲー事情を探りに行きたいけどたとえばDANCERUSH STARDOMが設置されてるゲーセンとかどこにあるかなあ。と思ったら地元のゲーセンにあるらしい。あのゲーセン、マジで20年くらい行ってない気がするな。再開発地区にスーパーなんかと一緒に…

執筆記事報告、Taku Inoueさんの楽曲を紹介する記事をRealSoundにて書きました

realsound.jp Taku Inoueさんの楽曲を紹介する記事がRealSoundにて公開。DAOKOのニューアルバムに参加(3曲も!)との報を受け、「イノタクさんをフィーチャーするなら今でしょ!」と持ち込んで書かせてもらいました。反応のなかには「もっと昔の曲にも言及…

日記 2018年12月2日(ペンライトがあるとないとではライブの充実度が全然違う)

デレマスSSA6thナゴドDAY2、千秋楽だけあって「祭り」感のあるはちゃめちゃな内容だった。しんげきネタの茶番からの「きらりんロボのテーマ」からの再び茶番からの杏+森久保での「あんずのうた」が序盤のハイライト。ちなみに2曲挟んで「Treasure☆」でもあ…

日記 2018年12月1日(「さよならアンドロメダ」@ナゴドDAY1、莠泌т蜈ォ蜊�ク�点!!!)

デレマス周年ライヴ@ナゴドDAY1、ライブビューイング見てきました。いやーすげかった。茄子さんがマジ茄子さんで日菜子ちゃんはマジ日菜子ちゃんだった…… すご……。あとまつえりの衣装、おなかが! おなかがでてる! となって声が出てしまった。まあ内容はも…

日記 2018年11月30日(サブ機として愛用していたThinkpadの液晶(のバックライト)が死んだ)

Shy FXの新曲、Lily Allenがフィーチャーされてる。やっぱいいねぇ……。 レドベルがカムバしたで~! モダンなトラップ調と見せかけて倍速のアップテンポなポップスにするの、最近のKポ勢(特にガールズグループ)がよくやる「外し」って感じっすね。でも音数…

最近買ってよかったもの、キーボード、電子メモパッド、10ポートのUSB3.0ハブ

最近買ってよかったもの覚書。 キーボード(FILCO Majestouch Convertible2 Tenkeyless) キーボードはこれまでHappy Hacking Keyboard Lite2→よくわからんゲーミングキーボード(メカニカル)と使ってきたんだけど、コンパクトキーボード独特の変態配列がち…

The 1975『A Brief Inquiry Into Online Relationships』

ロックのヘゲモニーが崩れて「ポップ」に覆われた世界でなおロックをやろうとしたらこうなる、ということのお手本というか。サウンドの取り入れ方の柔軟さ(ネオソウル、デジタルクワイア、トラップ、80'sリバイバル……)のなかでギターが果たしている役割と…

日記 2018年11月29日(おれ、世紀末のこと知ってるつもりで、全然知らなかったな……)

早朝? 深夜? 一瞬起きてTwitter見たらフォローした覚えのないWANIMAのアカウントがTLにあって、「どういうことだ、いやフォローしてても全然おかしくないけど」と混乱した記憶がぼんやりとあり、なんだったんだろうあれと思ったら『未開の惑星』のSNJOさん…

日記 2018年11月28日(自由帳のなにが自由だというのだ? 罫線がない、用途が指定されない、その程度がお前の自由なのか?)

情報量が凄い割に一曲一曲がわりと長尺で、しかし意外と聴き疲れしないバランス感覚が凄いっすね。コラージュ感もありながら異質な要素の並列や操作そのものの快楽に溺れない、音楽や歌への意志がちゃんとある感じ。音のおもしろさ、フェティッシュではとど…

Jeremy Dutcher『Wolastoqiyik Lintuwakonawa』――クラシック、ポップ、人類学が交錯する一作

TLでにわかに話題になっていたJeremy Dutcher。名前は英語圏の人かな? と思いつつアルバムタイトルも何語かわからないし、フランス語も出てきたりする。調べたらカナダの先住民コミュニティに育ち、クラシックの教育を受けた後人類学も学んだらしい。カナダ…

日記 2018年11月27日(本渡楓さんとお茶したくて涙がでてきた)

朝、「この女性声優と行くならこの美術館」シリーズを考えていた。いいから早く始業しろよ……。ちなみに「南條愛乃さんとIZU PHOTO MUSEUMに行く」、「洲崎綾さんと金沢21世紀美術館に行く」、「井澤詩織さんと東京都写真美術館に行く」、「本渡楓さんと原美…

音楽の有用性について――河西秀哉『うたごえの戦後史』(人文書院、2016年)

うたごえの戦後史作者: 河西秀哉出版社/メーカー: 人文書院発売日: 2016/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 河西秀哉『うたごえの戦後史』(人文書院、2016年)を読了。戦後の合唱運動が戦前・戦中の厚生運動から思想的においても関わ…

日記 2018年11月26日(加藤英美里さん誕生日おめでとうございます)

radiko.jp 中村佳穂ざん゛!!! これはヤバいでしょ。LIVE & DIRECT史上ベストアクトでしょ。ぎゃー!!! 中村さんの自由な言葉や歌の運びとバンドの息の合い方に感動してしまう。これは何を聴いてるのか一切わからなくなる。曲のなかにさまざまな唱法やシ…

はっしーが「クレイジークレイジー」めちゃ好きらしいで、ニューシングルのカップリングもFuture Bassだし

TVアニメ『叛逆性ミリオンアーサー』 OP主題歌「ハイライト」(彩香盤) (特典なし)アーティスト: 大橋彩香出版社/メーカー: ランティス発売日: 2018/11/21メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見る TVアニメ『叛逆性ミリオンアーサー』 OP主題歌「ハイ…

日記 2018年11月25日(もう次の元号は「昭和」でいいんじゃないですか?)

東京五輪、大阪万博に続いて札幌五輪も誘致計画出てるとかで、もう次の元号は「昭和」でいいんじゃないですか? 「高度経済成長」とかでもいいですよ。 The 1975の新譜からMV公開、この曲自体はそこまで気に入ってないけど先行で公開されてる曲たちがどれも…