ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

ニュージーランドの宅録ユニット、Fazerdazeが良い

 ユニットっつーかひとり(Amelia Murray)なんだけどね。もう端的に、こういうのに弱い。いっときのLa Seraなんかもそうだが、エモーショナルすぎない歌声が良い。インディー女子っていうだけで点数甘くなってしまいそうになるけれど、シンプルなアレンジながら音のひとつひとつがしっかり厚みがあって、雰囲気がつくりこまれているのが印象的。セルフプロデュースだってさ。

MC-505のLEDスイッチを修理する

 かれこれ半年ほど愛用しているMC-505だが、20個ほどついているLEDスイッチがどれもいまいち反応が鈍く、チャタリングがひどく起こることも多々あるのでメンテすることにした。最初は適当なスイッチに交換しようと思って一応だいたい同じ仕様のスイッチを購入(送料だけで4000円以上した…)のだが、サイズが微妙に合わなかったため使用は中止。分解清掃でいけるだけいこうということに。

f:id:tortoisetaughtus:20170426131843j:plain

 裏蓋をあけーの

f:id:tortoisetaughtus:20170426131901j:plain

 乳白色の半透明キャップがついてるのがLEDスイッチ。これを全部はんだ吸い取り機や吸い取り線を使って取り外す。

f:id:tortoisetaughtus:20170426131938j:plain

 こんな感じ。見てわかるかどうか、全体としてはスイッチ部とヘッド、そしてLED部に分かれている。

f:id:tortoisetaughtus:20170426132036j:plain

 これをひとつずつ無水エタノールと綿棒で洗浄。特にスイッチ部(黒い脚付きの箱)の内壁と白いヘッドの側面をよーく洗う。すると、取り外す前は「ぬるぺこ…」って感じの押し心地だったのが、「かちかちっ」って感じに復活した。

f:id:tortoisetaughtus:20170426132220j:plain

 ほいで組み立てーので終了。起動したらバッチリ動作。よかったよかった。

WIRED JAPANがプレイリスト「世界は哲学者を求めている」を公開中

 WIRED JAPANは今度哲学の講座を開くらしいが、どんなもんなんだろうか。講師は岡本裕一郎。フランス現代思想に関する新書にはお世話になった(デリダとかドゥルーズを歴史化して「教養」とするのに良い一冊ではないか)。まあ僕にはまったく関係のない話なんだけど。そんなWIRED JAPANがApple Musicにプレイリストを公開中だった。題して「世界は哲学者を求めている」。哲学者にちなんだ楽曲がずらりと並んでいる。ベルセバの“Marx and Engels”やスクリッティ・ポリッティの“Jacques Derrida”など、思わずくすっと笑ってしまうセレクトだ。その名も“The Critique of Pure Reason(純粋理性批判)”なんて曲もある。ポップスからジャズ、エレクトロニカまで、わりとおされ~な選曲になっているので、おやこんな曲が。なんて思いながら聴くと楽しいかも。