ただの風邪。

音楽のことを中心にいろいろと書いています。

ブログ更新(Perfume『Future Pop』)、Billie Eilishと現代聴覚文化の特異な関係性

imdkm.com

 おは。きょうからちょっと東京に来ています。バスタ新宿からジョナサン西新宿店に収容され上のブログ書いてました。コーチェラ2週目で配信決定、ということでPerfume『Future Pop』の話です。まあ、前RealSoundに書いた評の焼き直しっぽい感じですが。

Future Pop(通常盤)(DVD付)

Future Pop(通常盤)(DVD付)

pitchfork.com

 こないだnoteに英語ブログで書いた記事の日本語版を載せた(サブベース、不安、そしてハグ:ビリー・アイリッシュの音楽が持つ療法的価値についての覚書|imdkm|note)んですが、それとある意味関連するような記事がPitchforkに出てました。Billie Eilishが英語圏のASMR界隈でめちゃくちゃ人気という話。なるほど、ウィスパー気味の声でtingleっぽいサウンドがかさかさと動き回る彼女の曲はASMRっぽい。アトロクで高橋芳朗さんが紹介したときも宇多丸がそういう反応(ヘッドフォンで聴くと凄い)みたいなこと言ってたし。

 個人的にはASMRって、かつてのバイノーラルサウンドが特殊な録音工程によって空間性の再現を志向したのに対して、どんどん非空間的になってきていて、そこが一番Billie Eilishと近いかなと思います。たとえばASMRで人気なのって「近さ」を匂わせるコンテンツで、具体的にはマイクにシェービングクリームくっつけるとか、マイクを食べるとか、こするとか、あるいは左胸に密着させて心音を聴かせたりとか、そういう音が好まれる。これって擬似的に空間をつくりだすというよりも、現実にはあまりありえないような近接性に寄っていってるわけです。一方でBillie Eilishのサウンドに耳を傾けると、繊細に重ねられたウィスパー的なヴォーカルもさることながら、徹底的にドライな、無音を多分に含んだ音響処理が貫かれているのがわかります。まるで無響室で録音し、さらにはノイズをポスプロでカットしたかのように。すると、空間の認識よりもまず「音が触ってくる」感覚のほうが前に出てくるんですね。

 上にあげた自分の記事ではサブベースがもたらす圧迫感を「ハグ」と解釈してその効能を考察したのだけれど、もう一方でこうしたASMR的な要素もまた「極端な近さ」という意味で「ハグ」に近いんだと思います。もはやASMRがもたらすのは「特定のシチュエーションの臨場感あふれる再現」ではなく「人工的につくりだされる近さ」であり、それゆえにASMRがエロティックなコンテンツとぎりぎりで接触したりもする。ライヴ会場みたいにラウドなサブベースが感じられる環境ではその低域がつくりだす「圧」が、ヘッドフォンでひとりで聴く場合にはASMR的な「近さ」が、おなじように「ハグ」をする。それがBillie Eilishの音楽なのかもな、と思います。

 noteにするには、「またBillie Eilishかよ」って感じなので、こちらでちょろっと書いてみましたが、いかがでしょう。今後はnoteのほうにこういうもっともらしいことは書いていこうと思ってますんで、ぜひフォローしてください!

書きまし太郎(J-POP史連載の第三回)、ほか雑記

realsound.jp

 書きまし太郎。今回はいわゆる「ディーヴァ」系ブームの話です。ほんとはこれに加えてもう2,3ほど論じてたトピックがあって、全体で12k字くらいあったのを泣く泣く切ってます。まあ全体像はいつか……。

 コーチェラの中継を見まくった一日でしたが、Mon Laferteのキュートさとタフさと軽やかさをもちあわせた存在感に魅了されたな~という感想。JPEGMAFIAのブチ上がり、Tierra Whackのきゃりーぱみゅぱみゅかというスタイリング(パフォーマンスはめちゃクール)、BLACKPINKのコーチェラをホームのように堂々とモノにする存在感、などなど素晴らしかったな。Rosalíaもリピートで見ましたがこちらも素晴らしく、よく練られた演出が彼女の活動のコンセプトをはっきり示していました。

 こっちのブログはちょっと間があいてしまいましたが、記事のお知らせと、まあ週一か隔週くらいで新譜メモはやりたいと思います。更新ペースがぐっと落ちることだけご勘弁を……。

note.mu

 あ、そうそう、noteでちょっとエッセイ的な、いつも書いてるちょいかっちりした記事とは意図的に毛色を変えた文章を書いていきたいなと思います。最初は柴田聡子「涙」の歌詞について。読んでみてくださいね。

英語ブログ更新(Apple Vinegar Awardの紹介)と、このブログに関するお知らせ

imdkm.com

 英語ブログ更新です。Apple Vinegar Awardの紹介と、過去記事のちょっとした振り返りみたいになっております。

 まああえて言うほどのことでもないんですが、毎日書いてた日記はやめることにします。その分のリソースを英語ブログに注ぎたいので。週一くらいでチェックした新譜や音源などを公開する記事は書こうかなと思いますけど、それもはてなブログでやるかはわかんないっす。imdkm.comにゆるゆると移行していきます。よろしゅうお願いします。